孤独死の遺品整理|遺品整理業者に整理から死臭処理までを任せる

遺品整理業者の見極め方法

ダンボール箱

遺品整理業者は数多く存在し、その業者の多くは請求費用を高く請求してくる可能性が大きいといわれています。高額請求やトラブルなどのリスクを避けるために信頼できる遺品整理業者を選ぶ必要があるでしょう。

More Detail

東京での葬儀費用の相場

フラワー

東京にお住まいの方で葬儀の費用に関して把握している方は少ないかと思います。突然の訃報というのはいつ届くかわかりません。事前に葬儀にかかる相場費用を把握しておくことで自身の資金に余裕をもつことができるでしょう。

More Detail

長持ちする仏壇の選び方

線香

仏壇の購入というのは人生に一度あるかないかのものでしょう。故人の魂を供養するために長く使っていくものなので、丈夫で質のいい仏壇を選ぶ必要があります。店員の質が高い店舗であればそういった仏壇を見つけることが可能です。

More Detail

遺品整理の相場費用

作業員の女性

近年の社会問題の中で「孤独死」が注目されるようになりました。孤独死とは一人暮らしの高齢者などが誰にも気付かれることなく亡くなってしまうことをいいます。ご家族の中で親などが一人で暮らしているという方も少なからずいるかと思います。もし、自身の家族の誰かが孤独死されてしまった場合には様々な問題が発生してくるでしょう。急な葬儀などはもちろんですが、葬儀の後の遺品整理はとても大変なものとなります。故人が生活で使われていた家具や雑貨など様々なものは全て遺品とされ、大抵の場合その量は莫大なものとなるはずです。その莫大な量の遺品を身内の労力だけでどうにかするにはとても時間がかかります。特に孤独死の場合はその死臭が部屋に染み付いている場合が多くあり、そういった臭いを処理するのは素人の手だけでは難しいかと思います。こういった時、遺品整理業者に依頼することで迅速に遺品を整理し、死臭の処理まで行ってくれます。
業者に依頼する際に気になってくるのはその費用かと思います。葬儀でも費用がかかり、その後の遺品整理でも費用がかかってくるとなると手持ちの資金が苦しいものとなってくるでしょう。業者に依頼する前に事前に整理にかかる費用を調べておくことで資金に関して焦ることなく対応できるはずです。間取りに合わせた平均相場をみてみましょう。まず、1Kの広さで遺品の量が3㎥であれば約2万円からそれ以上の費用がかかります。次に2LDKの広さで遺品の量が14㎥だった場合には約14万円からそれ以上の費用がかかるでしょう。3LDKの広さになってくるとその費用は約20万円以上となり、部屋の広さや遺品の量によってその値段は大きく変わります。また、死臭の強さや汚れ具合によってもその費用は変わってきます。遺品整理業者に見積もりをとってもらう際にはこういった相場費用を目処に見積もりの値段を検討してみましょう。見積もりは複数の業者に依頼することでより安い遺品整理業者を選ぶことができるはずです。